群馬サッカーNEWS Gマガ

【ニュース932】ザスパFW瀬川祐輔 大宮移籍報道について答える。

【ニュース932】ザスパFW瀬川祐輔 大宮移籍報道について答える。「もし大宮へ行くとしたら、任くん(江坂)とのポジション争いは刺激になる」

 

 

ルーキーイヤーながらJ2得点ランク11位タイの13ゴールを挙げたFW瀬川祐輔が、J2大宮へ完全移籍することが分かった。大宮は、ゴール量産態勢に入った瀬川を早い段階からリストアップ。シーズン中も大宮・松本大樹強化本部長が度々、ザスパの練習場を訪れていた。1112日のザスパホーム最終戦にも松本強化本部長が正田スタ入りして動向を追っていた。

 

 

大宮は昨オフに、ザスパの元エース江坂任を完全移籍で獲得。江坂はザスパと2年契約を結んでいたため、ザスパは大宮から違約金を受け取っている。瀬川も2年契約のため、今回も違約金が発生する。“第二の江坂”を探す大宮と、財政難から違約金を確保したいザスパとの間で、瀬川移籍は既定路線となっていた。ちなみにブレイクした瀬川には他クラブからもオファーが届いていた。

 

 

瀬川移籍に関して、服部浩紀監督は「一人の選手としてだれもが上のカテゴリーを目指すのは、当たり前。J2よりもJ1、J1よりもヨーロッパ。サッカー選手であれば、上へ行きたいと思うのは、当然のこと。去年の任(江坂)もそうだが、ザスパから飛躍する選手が出るのはチームの財産だ」と背中を押す。

 

 

しかしながら「選手が上を目指すのは当たり前だが、まずはうちに必要な選手であることを伝えてしっかりと評価を提示することも大切だ。残る、残らないは別として。今季もチームは残留することができたが、活躍した選手を毎年、出していってしまえば、いつかは厳しくなっていく。クラブ事情はもちろんあるが、チームがステップアップしていくためには何が必要かを考えていかなければいけない」と、移籍ありきの方針に一石を投じた。

 

 

 瀬川祐輔コメント

 

「移籍の報道が出て、自分もびっくりしています。自分には代理人がいますし、交渉は任せているので、自分からは何を話せないですし、何を言ったらいいのか、いまは分かりません。

 

(残り 1188文字/全文: 2049文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ